HOME > PRODUCT > SFC-VTEC [ライブラリ]  [ストア] << 戻る

titl.gif
engine.gif ■ハイカム切替ポイント±100rpm刻み変更
■8つの回転域ごとに燃調補正
■±30%まで1%刻みの燃調チューン
■過剰な燃調補正を防止する警告表示機能
lb-tekiou.gif 

kinou.gif

ハイカム切替ポイント変更時に欠かせない燃調補正を同時に行える画期的なVTECコントローラー、それがSFC-VTEC。良質な性能を求めるユーザーに、フィールドが提案する、「デュアルパフォーマンス・コントローラー」です。
hikidashi.gif
価格:オープン
ハイカムパワーを自分流にアレンジ
SFC-VTECは、ホンダのVTEC、ミツビシのMIVECを対象エンジンに、そのハイカム切替ポイントを100回転ごとにきめ細かく変更できるコントローラーです。したがって、コーナー立ち上がり時のパワーバンドを走行シーンに合わせアレンジするといった、セッティングも可能にしています。いわゆる「カムに乗った加速」、つまりハイカムパワーを自由自在にコントロールできる楽しさが得られます。またハイカムに切り替わるポイントは、抜群の視認性を誇る二色発光LEDにより表示。目からも情報を取り入れることができるため、セッティングの完成度をより高められます。

回転域ごとにきめ細かい燃調補正
ホンダのVTEC、ミツビシのMIVECはエンジンコンピューターのプログラム上、ハイカムシャフトが作動する回転域に至った際には連動して燃調マップも切り替わります。したがってハイカム切替ポイントを変更したときには、燃調の補正が必要不可欠です。そこでSFC-VTECには、燃調補正用コンピューターの最上級モデル、SFC-HYPERの主要機能も搭載いたしました。1000,2000,3000,4000,5000,6000,7000,8000の回転域ごとに、±30%まで1%刻みのきめ細かい燃調補正を実現。エアクリーナー交換時のエアフロ誤信号を補正する上、チューンコンピューターにも対応しています。

操作性に優れる多機能を搭載
セッティング作業が難しくないこともSFC-VTECの魅力のひとつ。走行中でも希望回転域においてハイカム切替ポイントをワンタッチ設定できるクイックホールドセッティング機能や、過剰な燃調補正を防止する警告表示機能など、ビギナーにも安心な親切設計を施しています。デジタルタコメーター、999km/hスピードメーター、設定回転数到達告知ブザー等を搭載するなど、スポーツドライビングには欠かせない付加機能も満載。配線作業をスピーディにする別売の専用ハーネスも用意しています。

mod-vtec.gif■VTECモード
回転数をデジタルインジケーターに表示するほか、ハイカムに切り替わるポイントもHI-CAMインジケーターが発光することによって知らせます。またハイカム作動領域の変更は、デジタルインジケーターのエンジン回転数表示を見ながら簡単セッティング。走行中も、変更したい回転域において「MODE」ボタンを押すことで、素早くハイカム作動ポイントの変更が行えます。
mod-sfc.gif■SFCモード
SFCモードでは、走行中のエンジン回転数に対する燃調増減値を100rpmごとに表示。ハイカムに切り替わるポイントもHI-CAMインジケーターが発光して知らせます。また燃調のセッティング時は、エンジン回転数と増減率をデジタルインジケーターに表示。8000rpmまで1%刻みのきめ細かい設定が簡単に行えます。走行中に変更したい燃調ポイントが見つかったときも、「MODE」ボタンを押すことでその回転数のホールディングが可能。セッティング作業を素早く終了できます。
mod-speed.gif■SPEEDモード
SPEEDモードでは、スピードメーターの機能をデジタル表示で楽しめます。表示可能なスピードは、リミット999km/h。ノーマルメーターではカバーできない、超高速域の数値を確実に表示します。また走行中には他のモード同様に、ハイカムに切り替わるポイントがHI-CAMインジケーターの発光によって一目瞭然。走行時のパフォーマンスデーターが、つねにドライバーへ提供されるSPEEDモードです。


conecter.gif 車種別専用カプラー(別売)
定価:10,000円

セッテングアドバイス

Copyright c 2002 FIELD SALES CO.,LTD. All rights reserved.

戻る